千葉県の高原キャンプ場 お風呂が自慢!千鴨川市街から車で5分!
千葉県キャンプ場 キャンピングヒルズ鴨川

千葉県 キャンピングヒルズ鴨川 施設案内
サイト&施設案内

アクセス

料金

レンタル

予約

スタッフ紹介

レジャースポット

鴨川べんり
マップ

カラヤン

漢方薬

ボランティア

お問い合わせ
メール
 ボランティア

 キャンピングヒルズ鴨川の活動について、ご紹介します。

〜わたしに出来ること〜

東日本大震災に被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心よりお祈りしております。
私事となりますが、妻が岩手県宮古市出身で、実家と義兄の家が津波で被災しました。
幸いにも高台に避難して一命を取り留めたのですが、避難の際、隣近所の方々に
一緒に避難するよう呼びかけたそうなのですが、「すぐに追うから」と言い残し帰らぬ人と
なったそうです。
また、キャンプ場と同時に漢方薬の卸問屋を経営しており、
漢方薬のお得意様の9割が東北地方の薬局です。
そのため、多くのお得意様が津波で流され、未だに連絡が取れずにいるお得意様がおります。
先日まで元気な声でご注文を頂いていたのに。。
誰もが哀しくおもう出来事でしたが、最も哀しいのは被災者であり、
わたしにできることは被災者の方々を少しでも支えることが出来れば良いのでは
ないかと思っております。
わたしに出来ること。
被災地への義援金や、援助物資、また疲れた体を癒して頂こうと被災者の方々に
漢方薬の入浴剤にお入り頂くことなどを通してすこしでも助けになればと思っております。
大それたことは出来ませんが、自分に出来ることを出来る範囲で行うことによって、
人々が少しだけ元気になれば素敵なことだと考えており、
その輪が広がり被災者の方々にも届けば素晴らしいことだと考えております。
拙文失礼いたしました。


  椎野瑞穂





●ウミガメ倶楽部

ウミガメの保護と育成を考える会

ウミガメの産卵場所である海岸の環境を守りましょう!

北太平洋でも重要なウミガメの産卵場所である日本。
海浜環境の悪化が急速に進み、産卵場所が激減しています。

海浜環境の悪化は、ウミガメだけの問題ではありません。
我々人間の生活環境の悪化でもあります。

ウミガメは、我々に環境悪化の警鐘を鳴らしています。
産卵環境保護を通して本当に必要な環境保護のあり方を
考えて行きたいと思います。

会長挨拶(キャンピングヒルズ鴨川オーナー)

会長 椎野瑞穂

温暖化の影響により自然災害の多発生と潮位の上昇等環境 悪化に伴い、世界的にウミガメの生息数が減少していると言われ、 各国で保護の為の活動が行われております。私どもの住む地域の海岸線は太平洋に面しており、ウミガメ類が毎年海岸に上がり、産卵をしておりますが、自然のまま放置しておくと孵化は激減し、絶滅の恐れがあります。そこでウミガメ類の絶滅の危機に対し、効果的な保護対策を研究提示することを以って、海浜及び海洋の保護に寄与したいと考えております。

皆様には、是非弊会の趣旨にご賛同頂き、多くの方の参加をお願いする次第です。

会長 医学博士 椎野 瑞穂


興味がある方はお気軽にお問合せください。

お問い合わせ 0470-92-9977 椎野迄
http://www.umigame-safe.jp/index.html       




●鴨川義塾

〜自立をしたら世のため人のためにつくせ〜

精神的、経済的に自立したとき、なにをするべきか。をテーマに2ヶ月に一度
当キャンプ場ロッジにて講演を行っております。
講演は前半・後半の2部構成で、前半では毎回、高崎経済大学名誉教授の
飯岡 秀夫名誉教授に「学問のすすめ」「文明論の概略」「女性論」などを解説
して頂き、解説後ディスカッションを行っております。
第二部では毎回多彩なゲストをお呼びして、各分野の講演をして頂いております。

ゲスト
亀田病院脳神経外科部長  田中 美千裕氏「切らずに治す脳卒中」
大宮化成(株)会長       小川 裕通氏
衆議院議員           石田 三示氏「百姓から国会へ」
弁護士              巻淵 真理子氏「女性を廻る法律の働きと社会」
などなど、今回で50回目となります。

鴨川義塾ホームページ
http://kamogawa-gijyuku.jp/




●房総スカイライン、鴨川有料道路を無料にする会

房総スカイライン、鴨川有料道路を無料にする為、署名活動を立ち上げました。
一昨年より始め、平成23年5月現在12000名の署名が集まりました。
目標の一万名に達したので、近日中に千葉県知事に署名簿をもって
直訴に行く予定です。
ご賛同いただける方は是非当方までお申し付けください。




●海洋環境保全学習 『地球こどもクラブ in Kamogawa』

2007.07.25 Wednesday | by umigame



鴨川の前原海岸において、海洋環境保全学習『地球こどもクラブinKamogawa』が開催されました。

このプログラムは、ウミガメ倶楽部とNPO法人生活情報推進ネットワーク、NPO法人地球こどもクラブの共催・鴨川市の後援で行われ、アジア8カ国のこども16名に日本のこども16名。地元から鴨川小学校、東条小学校、江見小学校などのこども達が参加し、海岸清掃の後、東京海洋大学客員准教授、お魚らいふ・コーディネーターの「さかなくん」による特別講演「学校では教えてくれない海のこと、魚のこと、環境のこと」を聞きました。



NPO法人生活情報推進ネットワーク
地球こどもクラブHP



●まるごみ

〜ゴミを減らす。捨てない気持ちを育む
      みんなが参加したくなるゴミ拾い〜


私たちの街をゴミのない美しい街にしよう!
そう思うだけでは、なかなかきれいにはなりません。
行政と、市民が一つになり、街のゴミ拾いの活動を通して、
ゴミに対する意識を変えていこう!
という活動の鴨川実行委員長を務めさせて頂いております。
まずは出来ることから!
平成23年5月28日を予定しております。
今回はゴミ拾いと同時に、津波に対する意識を高めて頂くため、
40メートルまでのばせる消防はしご車を呼び、今回被災された各地の津波の高さを
再現し、津波の恐ろしさを認識して頂く企画も急遽用意いたしました。
興味がある方は是非!


まるごみホームページ
http://marugomi.jp/index.php?%E9%B4%A8%E5%B7%9D%E5%B8%822010



←トップページへ戻る



↑ページトップへ戻る